めざすのは
『気持ちのいい家』

 
『気持ちのいい家』とはいったいどんな家なのでしょう?まずは安全であることが大切です。環境に素直な建ち方で、自然の光や風を取り入れて快適でありること。そして居心地のいい場所をもち、使いやすくて個性がある。そこでの暮らしをおおらかに包み、愛着をもって年月に耐えていける家ではないかと考えています。

対話×設計=本当に欲しい家

対話×設計=本当に欲しい家

アトリエセッテンは、最初のカウンセリングを大切にしています。経験上、ほとんどの方々が家のことを考えた時に、決めなくてはいけないことの多さに戸惑っておられます。自分の考えはあるのだけれど、本当に正しいのか。自分だけの判断で決めていいのか…。そんなとき、やはり信頼できる誰かが寄り添う必要があります。できれば専門的知識があり経験も豊富なほうがいいでしょう。ですからそういった課題を解決するための価値観や感性、人柄や愛称などお互い信頼して進めることができるかとうかをもっとも大切にしています。

 
『対話』とは文字通り「向かい合って話すこと」。アトリエセッテンは一人の建築士(建築家)が最初から最後まで家づくりのお手伝いします。最初に会って話した想いを「家」に盛り込んでいくためにはそのことが大切だと考えているからです。『設計』とは「ある目的を具体化するための考え」。最初の大きな考え方からプロセスでのスケッチや図面、現場での会話に至るまで、ちゃんとコミュニケーションを『設計』していくことが大切です。そうすることで『本当に欲しい家』『愛着のある我が家』を手に入れることができると考えています。

我が家に納得と愛着を

自宅の設計をしました。そして私と私の家族をクライアントとして設計した住まいで生活することで改めて解った『3つの大切なこと』。それが住まいづくりの考え方の基礎になっています。

住まい手の想いをこめること
 家をつくるとき、不安や希望あるいは欲望といったものが錯綜します。家族一人一人にその思いがあり、実現させたいと思っています。できればその不安は取り除き、希望や欲望はできるだけ満たしてあげたいと思っています。自分にとって大切で、まだ曖昧な状況の「思い」を、家族みんなで言葉や写真あるいは身振り手振りを使って伝えてください。そして設計者としての私は、その表情やニュアンスを読み解きながら「思いのカタチ」を見つけていき、それを「家」にするための建築的アイデアとして提案して、それをもとにコミュニケーションをとりながら住まい手の想いのこもった「気持ちのいい場所」を見つけていきます。
 
家づくりの過程が見えること
 「思いのこもった気持ちのいい場所の集まり」=「自分らしい家」ということになるのですが、そこには安全性や機能性、暮らし方や素材感、周辺環境から物の寸法まで様々な要素が組み込まれています。その家を実際につくるうえで「つくる人」=「施工者」の顔が見えることがとても大切です。現場に関わる人たち、つまり職人さんたちは住まい手の顔が見えることで「よし、この人のためにがんばろう!」という気持ちになりますし、クライアントは「こんなにたくさんの人たちに関わってもらうんだ」と感謝します。現場では設計とは違い、実際に「家」が出来上がっていきます。そのプロセスに関わることでたくさんの決めごとを一緒に考えながら「納得」を重ねていくことが大切です。
 
自分の家の話ができること
 この部分が私が自邸で経験しなければ伝えれなかったことです。言いかえれば、これから家づくりをする方々も、住んでみないと実感できない話です。しかし長く住み続けていく家には、この部分が一番大切なのではないかと思っています。設計や現場のプロセスを通じたコミュニケーションをもとに、住まい手である自分自身が「こういう理由でこうなってるんだ」「ここでこうしてると気持ちいいの!」「ここがこうなってるから便利なのよね~」など少し自慢げに家の話ができ、笑顔になれる。設計者と共に考えた家だけど、自分の思いがしっかり詰まっていて人に話したくなる。そんな家になれば自分も満足だし、人もちょっとうらやむ素敵な家になるのではないでしょうか。

 自邸が完成し住み始めて間もないある日、娘が床で寝転がっています。「どうしたの?」と聞くと「きもちいい~」といって手でスリスリしています。妻は「裸足で居たくなるね~」と言います。床は杉の無垢板。私が個人的に好きで気持ちのいい材料だなとおもい採用した素材です。人は感覚の優れた生き物です。理屈では分からなくても感覚で気持ちのいい悪いが解ります。子供となればなおさらです。それを感じてくれたことが嬉しかったことを覚えています。
 ある日朝起きると娘が引戸を開け始めました。「この扉、ヒゲのおじちゃんがつくってたね、わたしがこれを開ける係になるね」といって朝の日課になりました。娘の年齢と共にその日課は無くなるのですが(笑)それでも娘は現場にいた建具屋さんや大工さんのことを覚え、感謝しているのです。これは娘にとっての職人さんに対する愛着ではないかと思います。
 時は進み、娘が友達を家に連れてくるようになりました。うちに来る娘の友達は感じたまま感想を言います「すっげー!」「旅館見たいや!」「ショールーム見たい!」「木のお家だね~」「ここに来ると家に帰りたくなくなる~」・・・子供の反応は素直で枚挙にいとまがありません。そういう子供の反応に娘も妻もニコニコとして満足そうです。ある日のこと「パパ、この家をつくってくれてありがとう~♪」と突然娘から言われました。とても幸せな気分になりました。
 
 これは手前みそなエピソードですが、きっといいコミュニケーションとプロセスを経た家にはこのような「エピソード」=「愛着」がたくさん詰まっているのではないかと思います。だからこそ次の世代まで長く住み継げる家になるのではないかと思っています。
 私は住宅リフォームの設計も多く手掛けてきました。いくらカッコよく、いくら機能的でも「愛着」がないと家は残らないことを目の当たりにしてきました。逆に「愛着」のある家は何とかして残してあげたいと思ってリフォームを選択されるようです。
 設計についての考え方を文字でお伝えするのは本当に難しいのですが、私の考え方が少しでも伝わればと思います。このような考え方で設計を進めていきますので、私の実績は「スタイル」=「見え方」が共通していません。クライアントの「思い」=「デザインエッセンス」を手がかりに設計するので、それぞれの『家のカタチ』が出来上がるのは必然だと思っています。

新築・建て替え
リノベーション
調査・診断

Works

家への想いは十人十色。それぞれの家のカタチを紹介しています。

子育て世代畑仕事を楽しむ小さな家子育て世代畑仕事を楽しむ小さな家

新築・二階建て

子育て世代 畑仕事を楽しむ小さな家
終の棲家仲間が集う平屋の離れ終の棲家仲間が集う平屋の離れ

新築・平屋

終の棲家 仲間が集う平屋の離れ
趣味と宴を楽しむスキップフロアの家趣味と宴を楽しむスキップフロアの家

新築・スキップフロア

趣味と宴を楽しむスキップフロアの家
鉄骨倉庫に二つの箱を入れた工房鉄骨倉庫に二つの箱を入れた工房

倉庫用途変更

鉄骨倉庫に二つの箱を入れた工房
セキスイハイムのリノベーションセキスイハイムのリノベーション

戸建住宅リノベーション

セキスイハイムをリノベーション
大人の隠れ家的リノベーション大人の隠れ家的リノベーション

マンションリノベーション

おとなの隠れ家的リノベーション
世代を繋ぐ古民家リノベーション世代を繋ぐ古民家リノベーション

古民家改修

世代を繋ぐ古民家リノベーション
無垢の木を使ったマンションリノベ無垢の木を使ったマンションリノベ

マンションリノベーション

無垢の木を使ったマンションリノベ